デリケートな精密機械を運搬する際の注意点とは

精密機械を運搬する際は細心の注意を払う

精密機械を扱う運搬業者のデメリットとしては、専門業者より経験が浅く知識も乏しく調査も行わない保証もなければ、エアサストラックもないなど様々な要因があります。
精密機械は、振動や衝動に弱いため、一般配送を使用した場合に破損してしまう可能性が高くなってしまいます。
一般配送の際は、価格に見合うだけのリスクがあるため、壊れてしまった場合の想定をしっかりしておく必要があるでしょう。
高額機械になる際は、事前に保険に加入しておくか、一般業者の保証内容をきちんと確認しておくことをお勧めいたします。
一般配送業者のトラックについては、専門業者が持っているようなエアサストラックではなく、普通のリーフサスペーションの場合が多いようです。
エアサスと比較すると、運搬物にかかる振動が大きいため、振動に弱い精密機械の配送については、細心に注意を払うよう心掛けましょう。

運送する際は安全に搬出・搬入計画を立てる

運送費だけ特別にコストを引き下げる際は、一般配送業者に精密機械の運送を依頼した場合、万が一壊れてしまった際に、結局費用が多額に掛かってしまうなどのケースも考えられるでしょう。
精密機械を運送する必要がある場合については、その機械が予想以上の重量がある物だったとしても、運送物が多ければ依頼する業者も必要になってきます。
精密機械の運送を依頼する場合、専門業者には頼まず一般配送業者に頼んでしまうという方もいらっしゃるでしょう。
メリット・デメリットを十分に考えた上で、将来的な事も考慮して依頼することをおすすめします。
精密機械運搬業者に、依頼した場合は現地調査が行われ、安全に搬出・搬入出来るよう計画を立てて、その計画の際に養生を行う場所などを詳細に決めておきます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ