トラブル回避のために依頼者側にも立ち会ってもらいましょう

精密機械を一時保管する際の注意点とは

精密機械を運送する際に、忘れてしまいがちなのが「倉庫の手配」なのですが、準備段階に於いて漏れてしまいがちです。
特に運送を行う業者と精密機械を、一時的に預ける倉庫を管理する業者が違う場合には、必ず確認しておくことが必要でしょう。
しっかり手配しておかなかった事で、精密機械を搬出する日時と搬入する日時に食い違いが生じてしまう事があるので、細心の注意を図るようにしましょう。
日程調整が上手く付かなければ、運送日を変えなくてはいけなくなる必要性も出てくるでしょう。
予定を変更することによって、各箇所に多大な迷惑をかけてしまう可能性があるので、倉庫の手配は慎重に行いましょう。
精密機械の運送業者は、倉庫管理も行っているところが多いので、同じ業者に任せることで精密機械運送と保管を同時に管理してくれるため、搬出日と搬入日に相違がなく安心できるでしょう。

精密機械の重量・高さを知る事が必要

精密機械に限った事ではないのですが、運送に関しては運ぶ物の高さや重量、制限等も含めて把握しておく必要があるでしょう。
精密機械は、何重にも梱包されているので、機械の重量や高さばかりではなく梱包材類を含むトータルの重さや高さを考慮した上での運送計画が必要になります。
機械の高さを誤ってしまうと、搬入先に高さの制限がある場合に、厳重に精密機械を梱包したままの状態では、通る事が出来ず別のルートを使い、その場所まで運ばなければなりません。
そのために、納期が遅れてしまったり、段取りが不十分だったせいで結果的には、そこに係る全ての人達に迷惑を掛けてしまうことになるでしょう。
事前に、精密機械の高さや重量・大きさ等の問題を細かくチェックして、現地の調査やルートの確認が出来る業者を選ぶことが重要でしょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ